洗顔後は化粧水を肌に馴染ませる前にブースターを…


30代の化粧品を紹介する女性

30代になって急に乾燥肌に悩まされるようになったという人は多いのではないでしょうか。

それは、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやエラスチンの減少が大きく影響しています。

潤いやハリや弾力やツヤに満ちた健やかな美肌を保つために欠かせないこれらの成分は、25歳頃から急激に減少していきます。

30代に突入した途端にそれが顕著にあらわれてしまうという人がたくさんいます。

30代の乾燥肌はエイジングの加速という問題も含んでいますので、なるべく早めにアンチエイジングを意識したスキンケアを始めることが重要なカギとなります。

乾燥肌に悩む30代におすすめの化粧品は、コラーゲンやセラミドやプラセンタやエラスチンやヒアルロン酸などの保湿成分が高濃度で贅沢に配合されているものです。

保湿化粧品で肌にたっぷりと潤いを与えることが乾燥肌改善への近道となりますし、ひいてはエイジングケアにもつながります。

乾燥した状態を放置してしまうと角質のバリア機能はどんどん衰えていき、ターンオーバーの乱れや肌細胞の再生の遅れが生じ、乾燥だけではなく口元のほうれい線や輪郭のゆるみやたるみ毛穴や目元の小じわやシミやくすみやざらつきやニキビやごわつきやキメの粗さなど様々な肌トラブルの原因になります。

ですので、保湿化粧品で肌にしっかりと潤いをチャージして肌トラブルを引き起こしにくい健康な肌環境に導きましょう。

具体的な保湿ケアの方法や使用すべき化粧品についてですが、洗顔後は化粧水を肌に馴染ませる前にブースターを使用するのがおすすめです。

ブースターは、角質を滑らかに柔らかく整えて化粧水の浸透力を高める働きをする化粧品です。

洗顔後すぐに使用します。

ブースターを使用することで次に使用する化粧水が角質層の奥の方までグングン浸透していき、それが保湿力アップに繋がります。

化粧水は、コットンに含ませてパッティングしたりシートマスクに含ませてじっくりと浸透させたりハンドプレスで二度づけしたりして、確実に肌に潤いを行き渡らせましょう。

乾燥がひどい場合はとろみのあるテクスチャーの化粧水を選ぶのがおすすめです。

化粧水を馴染ませたら、保湿効果の底上げをしてくれる美容液をプラスするのがベストです。

目元や口元などの乾燥が気になる箇所は丁寧に重ねづけします。

仕上げは油分を含んだオイルやクリームやミルクなどの化粧品でしっかりと蓋をします。

蓋をすることで潤いキープ力を高めることが出来ます。

保湿力や浸透力の高い化粧品で肌にたっぷりと潤いを与えて30代の乾燥肌の悩みを解消させましょう。